ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--/--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デュナミス-ブブリム踏破 
2006/10/02/Mon
土曜日の裏LS活動は、久しぶりにデュナミス-ブブリムでした。

前回行ったのは実装して間も無くくらいだったので、どのくらい前でしょうか。
オークの大群に囲まれて全滅し、何も出来ずに終っちゃったのだけは覚えてます。

そんな裏ブブリムですが、さすがに現在では攻略法が確立されてるらしく、今回は勝算有りでの進行です。

※以下の戦略などは、後から自分でネットで調べて
 「なるほど、こういうことだったのかなぁ」と私が勝手に推測して記入してます。
 リーダーの意向とは若干異なる場合があります。
 私本人は、当日は何も分からず言われるがままに行動してましt


まずここは最初サポジョブ無効状態なのですが、どこかにある???を触るとサポが開放されます。
今回は予め先に突入していたシーフ3人のおかげで最初からサポ有り状態でした。


次はさっそくボスのドラゴン退治の準備。
というのも、ここはボスを倒したときのみ時間延長、雑魚モンスの大半もボス撃破後POPらしく、ボスを倒さないことには何も出来ないのです。

そのボスドラゴン、普通に戦うと尋常じゃなく強いらしいのですが、以下の様な弱対する方法があります。

各種ジョブの獣人NMがいて、倒すとそれぞれのジョブに対応した2Hアビをボスが使用しなくなる。

1つのWSのみを使う中ボスドラゴンが複数いて、それらを倒すとその使っていたWSをボスが使用しなくなる。
(正確には「使用するが効果は発動しない」)



全部の獣人NMとWSドラゴンを倒せれば、ボスはほぼ無力化する訳ですが、ボスを倒さないと時間延長が出来ない状況ではそういう訳にもいきません。

時間消費を必要最小限に抑えるために、使用されると危険な2HアビのNMとWSドラゴンだけ倒すことに。


2Hアビで危険なものといえば百烈(モ)・微塵(忍)・アスフロ(召)などが挙げられますが、ボスの2Hアビを使ってくる順番は、戦モ白黒赤シ~、と決まっているらしく、白の女神さえ封じればシの絶対回避の前には倒せるらしいので(こちらが大きく崩れなければ、ですが・・・)、百烈はナイトのインビンを当てることで対応、微塵・アスフロは順番的に回らないだろうということで無視です。

ということで、白の獣人NMのみ退治。

白獣人NM


続いてWS弱体ですが、ドラゴンのWSで怖いのは

・ボディプレス(範囲ダメ)
・ヘビーストンプ(範囲ダメ・麻痺)
・カオスブレード(前方?範囲呪い)
・無の歌(シグ以外の強化全消し)

この4つ。
よって、この4つのWSを使うドラゴンだけ退治。

ボディプレス使用のドラゴン

無の歌ドラゴンは強化を全て消されるので、突入したての未強化時に片付けてしまった方がいいです。
ヘビーストンプの麻痺はかなり強力なので、後衛・空蝉無しは範囲に注意。
ボディプレスは即死級ダメージなので、これも後衛・空蝉無しの人は範囲に注意。
私らはE-9の段差を利用してやりました(ドラゴンと前衛は段差下、後衛は段差上)



そしていよいよボス戦。

シーフ組がボスを探してきて、マウラ前まで引っ張ってからやるつもりだったのですが、本隊がマウラ前に移動してる途中にボスを発見したので、急遽その場で戦闘開始。

普通のドラゴンより一回り大きいです

さすがにボスだけあって弱体後も強いですが、百烈をインビン回しで乗り切り徐々に削っていきます。
途中で運悪く徘徊してきた中ボスドラゴン(フレイムブレス)が絡んできてしまいましたが、とっさに忍Lさんが中ボスのタゲを取りマラソンしてくれ、本体はそのまま削り続行。

魔力の泉でガを連発してきて数人の死者が出ましたが、情報通り連続魔が終ったあたりで無事撃破!

豪快にのびたボス

遠くで倒れたLさん、ボス捜索で本体とはぐれていたシーフ組も戻ってきて、全員???を調べて無事ブブリムクリア!



60分時間延長されたので、ここからは劣化AFやアクセサリーを狙って、ボス後にPOPした雑魚狩りです。

ボス後POPモンスターは1匹釣ると新たに1匹POPしてリンクするので、実質最初の見た目の2倍の数がいることになります。


今回私らが倒したのは鳥・蟹・キリン・芋虫・ウラグナイト。
中には他エリアの同種族では見られない特徴を持ってるのもいました。
それらを含めて、注意点をちょっとメモ。

・鳥---回避が異常に高い
     前方範囲のWSがあるので後衛は向きに注意

・蟹---シザーガードが消せない
     ビッグシザーが空蝉貫通

・キリン---いやしの風で寝かせてあるリンクした子が起きるので、
       1匹ずつ離れてやる

・芋---粘糸がヘイストを上書きする

・ウラグナイト---頻繁に殻に篭ってやたら固い
           毒のスリップが大きい。

粘糸がやっかいな芋虫

1匹1匹の強さ自体はそれほどでもないので、大リンクにさえ注意すればメリポ並みにガンガン狩れます。

ウラグナイトを2,3匹狩ったあたりで時間切れ。
ドロップは、アクセは戦、劣化AFは獣黒狩の手が出ました。



ボス後の延長がもうちょっとあるといいなぁと思いましたが、いつもとちょっと違って新鮮で楽しかったです。

クフィムや砂丘もいずれは行くのかな。
そちらも楽しみです。
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトデュナミス-ブブリム踏破のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Welcome


Zelda

TRIFORCE(トライフォース)
ZeldaのFF11プレイ日記です

Links

Valefor TBP

Copyright (C) 2015 TRIFORCE All Rights Reserved.
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Material by STAR DUST / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。